ポット型浄水器は美味しく使い続け安く済ませられる

浄水器選びならまずフィルター重視

ポット型浄水器と言ってもメーカーやサイズで選ぶとき非常に悩んでしまう傾向があります。初めてだと評判などからチョイスするのも良いですが、色々と調べていると使いやすさを優先させるよりも大事な基準があります。ポット型浄水器を使い始めてからは自分なりに工夫をすることはできるかもしれませんが、どうしても自分で解決できないのがフィルターにあります。ですからフィルターの性能がどのようなものかを基準にした選び方は大事になってきます。

年間で1万円しないポット型浄水器の費用

浄水器のフィルターは定期的に交換を必要としますが、これをランニングコストと呼びます。例えば三ヶ月に一度のフィルター交換をしていると年間で4回の交換が必要になりますが、上手に安いフィルターを購入することによって年間一万円もしないコストに抑えることも可能なのですが、もしウォーターサーバーを利用している方が居るのであれば、2ヶ月分ほどの料金になるのではないでしょうか。そう考えるとポット型浄水器の安さはかなり経済的に助かります。

普段から衛生的に使うようにする

衛生的に使い続けるためにポット型浄水器には、いくつかの使い方が大切になってきます。まず常に水に触れているので常温で放置しているとカビが発生することもあります。また冷蔵庫に入れててもカビはつき汚れも発生しますので、できるだけ衛生的な使い方として定期的に洗うことをオススメします。また一度ついた汚れなどはなかなか落としにくくなるので、せっかく美味しい水を飲むんですから普段から綺麗にしておくことは大事なことです。

浄水器は内部の濾過フィルターで水の汚れや悪臭を取り除きます。そのため、フィルターが劣化しないようにこまめに清掃を行い、定期的に交換することが濾過機能を維持するための心得です。