ネットでは匿名性が重要視!誹謗中傷対策の効果的な方法とは?

掲示板やブログでの誹謗中傷

日本では、ネット社会が進んで今ではネットがなければ生活をできないという状況にもなってきています。その中でも、特に色々な年齢に支持されているのが、ブログや掲示板といったSNSサイトです。これらのサイトは、会員登録さえしていれば誰でも利用することができるサービスのですので、非常に便利なのです。しかし、SNSサイトでは匿名性が重要視されており、それを利用した誹謗中傷も多く見られているために、被害も増大しているのです。

誹謗中傷対策はどうやってするの?

ブログや掲示板などで誹謗中傷をされてしまったときはどういった対策を行えば良いのでしょうか。ブログに関して言えば、様々なことを行えるのですが、まずはブロック機能です。ユーザーをブロックすることもできますし、言葉をブロックすることもできますから、利用するだけでもかなり変わってきます。掲示板に関しては、個人のものではない限り少し対策は難しくなってくるのですが、書き込みを通報するだけでも十分な対策にもなりますよ。

あまりに酷い場合には警察に相談を!

誹謗中傷は、エスカレートして行くとかなり酷いことになります。最初は、心無い暴言を吐かれていただけですが、酷い場合ですと住所が特定されてしまったり、口座番号を流出させられてしまったりするのです。そうなってしまっては、日常生活に支障をきたすことも十分あり得るために対策をしなければならないのです。そこで、便利なのが警察のサイバー犯罪課です。ここでは、サイバー犯罪を抑止するために対策を行っているのですが、もちろん誹謗中傷に関しても行ってもらえるのです。

プライバシーに関する情報が2ちゃんねるに書き込まれた場合には、2ちゃんねる削除を活用して対応を行えます。