web制作を依頼する時に気を付けたい、安すぎる業者とは

ピンからキリまであって解らない

会社のホームページを作りたいと思った時に、社内にウェブの知識がある人がいれば別ですが、基本的には誰も何も解らない状態でweb制作を依頼する事になりますよね。そこで大切なのが、その業者が本当に信頼できるのかどうかになるのですが、実際にweb制作を依頼しようと思って、業者のホームページを見てみたら、料金がピンからキリまであって、余計訳がわからないなんて事も。目に見える納品物では無いだけに、料金の設定がその会社によってまちまちなのが、web制作の特徴ともいえます。

安い業者は本当に安心?

とにかく作ってくれればいいやって事で、安価な業者にお願いをしてしまう人がいますが、実はその行動は間違いです。まず、web制作がものすごく安くても、制作をしていくうちに、何が足りない、あれを追加しないといけないといって、こちらの知識が無い事を良い事に、どんどんと料金を足していく会社もあります。そうすると、結局依頼をした時は安かったのに、トータルでものすごく料金が跳ね上がってしまったという事もあるんですよ。

安心を求めるなら20万は出そう

追加料金無く、安心して最後までweb制作をして欲しいと思うのであれば、web制作費用として20万は出しましょう。そうすれば、少なくとも途中で何かを追加されるという事は無いでしょう。また、見積もりをもらう際には一式ではなく、出来る限り文言の意味が解らなくても細かく出してもらう様にして下さい。そして、会社の中に1人でも、web制作に関する最低限の知識をつけてもらって、足元を見られないようにして下さいね。そうすれば、安心して会社のホームページを作ってもらう事が出来ますよ。

web制作では、コンテンツとなるファイルの用意と、アップロード先のサーバーを準備することになります。デザイナーとエンジニアが組んで仕事をします。